tetu1入魂(&竿かづ&タモ&タモの柄&改造ストリンガー)完了

昨夜は深夜にまたもゲリラ豪雨で雨戸を叩く雨音で目が覚める

そして朝起きたら自動的に四時にセットした目覚ましを止めたようで5時w

速攻でUさん宅に向い野島逝ってきました!

本日は野島の有名人Yさんが案内と言う事で渡船屋に着くと野島のアレコレを伝授、良質ツブを大量に用意していて下さり団子用、柔らかい中ツブと至れり尽くせりの大名釣行となった。

同行者のUさんが高齢と身体を気遣いドック前(ドック先?)へ渡堤

渡堤前からYさんはUさんの仕掛けを凄い速さでこしらえてあげたり本当に優しい良い人(シーガーの黒いハリスや針、ガン玉、サルカンと全部自分のを使って作っていた)

そしてドック前に着くとレクチャー開始

ポイント、根、流れを簡単に説明し流し始めると3投目程で掛ける!

小型だが羨ましいw

その後はパッタリ
e0271849_2012725.jpg

ツブ団子、やわらか超熟ツブで頑張るもアタラナイので堤防に居るカニに浮気する私w

だって〜カニ好きなんだも〜んw

しかしカニを突つくのはフグのみ。。。

2時間程した頃下げたテラスでアオサ(ノリ)を採取するYさん

良型のメジナを掛け遊んでいる

これには私もUさんも我慢できず参戦

すると私の竿にも何か掛かった

がハリスごと持ってかれる、、、

凄い引きだったがメジナだったのか???

そんな遊びをしてるまにYさんはいつのまにかツブ団子に戻しマルカンを攻めていると黒を釣っている!



e0271849_20124950.jpg

(tetuさんのリールに竿かづ マッチしているでしょ?)
e0271849_20143881.jpg

(ドック前の様子になります)


メジナ釣りに夢中になってるUさんを放置しYさんの横でレクチャー再開

マルカンの底を這わすようなイメージでツブ団子を流すと糸はたるんでいるのだがカリカリと不思議な感触が伝わってくる

Yさんと入れ替わり立ち替わりにマルカンを流す

Yさん「これ時合いだぞ」と私にチャンス到来を告げたその時Yさんの竿(ちょっと旧い黒工)がギューンと撓る

パッと見50ありそうな良型を浮かせ電光石火のタモ入れで御用

私「うわ〜、、、デケエ」

Yさん「野島じゃデカくないよ」と

俄然ヤルキに火が点き淡々と交互にマルカンを攻める私とYさん

ついにその時がきた

私の竿に再びカリカリが始まり落ち着いて流し続けると穂先が少し曲がった

もうここからは頭真っ白だが3度目かの比較的強めの穂先の曲がりに反応してしまいアワセを入れると、、、









ズドーンと竿かづが胴から曲がる!

やった!乗った!

Yさんに「のりました〜!」

Uさんに「のりました〜!!」

と声を掛けアピールw

すかさずYさん「竿立てて〜根に行かせるなよ〜タモは自分で責任もってやれよ〜w」と

tetuさんリールで微妙に出し入れし黒様を浮かせる

お世辞抜きで出す動作がとてもやりやすい

形状はリョービも似ているのだが回転が良過ぎて指が痛い事があるリョービ

一方tetuさんリールはアタリがソフトと言うか思った感じに糸が出せる(ゆっくりと言うか意のままと言うべきか)

Yさんが根に行くから出すなぁ〜と言う手前でストップさせ溜込んで浮かせる

しかし潮流があり寄せるが難しいと言うかこれが野島か

これまでの激安タモ磯VIPはたぶん直径55cmか60は有ったが新兵器赤いアルマイトタモ45cm

これが微妙に難しくて二度程入れ逃すw

Yさんに笑われながらもなんとか無事成功!

皆さんやりましたよ〜!



















e0271849_20151350.jpg

コメンテーターの黒先輩達に笑われてしまうサイズですが私にとってはデカい部類w

tetuさんリールデビュー一発目でなんとラッキーな!

46.5cm1740gの黒様

下げ潮でマルカンの地形から横浜のような大きな下にゴーンゴーンは無かったが浅い分横に走り浮かせると下にゴーンゴーン

3度程リピートして出て来た元気な健康優良黒様でした!

e0271849_20155695.jpg

今日は喰いが浅く他の方も口先上唇掛かりが多かった

e0271849_20173387.jpg

そしてカスタマイズしたストリンガーに吊るす

ピンクのチューブは四分割でして可動式

1番上のチューブを堤防角に当たる部分にすればロープへのダメージが減るでしょ?の実例ですw

e0271849_20181437.jpg

一応アレコレと入魂出来一安心してUさんが野島用に貸してくれた黒工セットをば、、、

さすがですね〜兎に角穂先が絶妙なセッティングで感度も凄く地形の変化や壁に付く障害物(貝や海藻)を伝えて来る

残念ながら魚信は貰えなかったが凄い道具だな

またリールが素晴らしい

デザインも格好良いのだが回転の重さやスムーズさが絶妙

285cmの竿と合わすと野島釣法の投げも難なく決まる

正直、このリールはマジで欲しい(が高くて買えませんがw)。

因に先日Uさんから頂いた和竿も使ったが黒工と同じ長さだった(ので九尺五寸か)

e0271849_20184690.jpg

昼からは足場の高いドックへ移動(YさんがUさんの身体を考え安全だろうと)

こちらではアタリ1回(気がつかずガン玉に歯形)

一人の方が平場で四掛け2バラシ2ゲットするのを間近で目撃

とても気さくな人で色々と話をしながら釣が出来た(Yさんのお陰か)

私とUさんは16時の船で終了(YさんがUさんの事を考え今日は帰りなさいと)

帰りの船でドックで一緒になった先輩と色々と話をして貰った(これまたYさんパワーか)

野島のイメージはYさんの同行と言う事でか皆さんとてもフレンドリーでヘチ=秘密主義=無口を一掃

とても素晴らしい釣り場だなぁとw

野島は初めての人には次回無料券が出ますので四千円の渡船料は高いですが実質二千円か?

半夜便ですと二千円ですのでお得かも知れませんね

また野島初心者の人は臆せず野島の釣り倶楽部の人に声を掛けると良いかもです

彼等は他の釣り場の人達と違いオープンマインドな感じがしますので優しく色々教えてくれると思います(特にYさんw)
e0271849_20193475.jpg

真夏の照りゴチじゃないですがオタサンから出ている足が焦げ痛みを感じるような日差し

午後からは風も無く本当に暑くて参りましたw

高齢者は(いや誰でも)熱射病や脱水の危険があります

絶対に無茶しないで(渡船料高いから早く帰りたくなくなるが)安全釣行に行きましょう!

素晴らしい1日でした!
[PR]
by ciga_bana | 2014-07-01 21:33

然ニ非ズ


by ciga_bana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30